服用してはいけないケース

バイアグラの禁忌・服用できない人を紹介します。併用できない薬剤も掲載していますので、薬を常用している方は確認してみてください。

バイヤグラの禁忌

  • 狭心症などで、硝酸薬の治療中の方
  • 過敏症の方
  • 脳血管障害の方(最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を経験した人)
  • 低血圧(90/50mmHg以下) の方
  • 高血圧(170/100mmHg以上) の方
  • 重度の心臓病の方
  • 重度の肝臓病(肝硬変) の方
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲) の方

肝臓病・心臓病・低高血圧・過敏症などの病気をお持ちの人は、バイヤグラを使用してはいけません。重大な副作用が現れる可能性があります。

心臓病の方は、とくに慎重な対応が望まれます。狭心症や心筋梗塞あるいは心不全で治療中の患者さんは、バイアグラを使って良いかどうか主治医に必ず相談することです。

バイヤグラとニトロ製剤を一緒に使うと血圧が下がり過ぎて、危険なことがありますので使わないでください。

重い肝臓病がある人も、飲んではいけません。バイヤグラは主に肝臓で分解されるので、肝臓の働きが低下していると、いつまでも血液中にバイアグラが残ってしまうことになります。これも危険です。

低高血圧や過敏症の方も、急激に血圧が下がりショック状態を起こす可能性があるので注意が必要となります。

バイヤグラと併用できない薬

ファイザー社から正式に公表されている、バイアグラと併用してはいけない薬のリストです。なにか薬を常用している方は、下記の薬がないか必ず確認してください。

アイトロール錠10mg/20mg アイスラール錠20mg
アイロクール錠20mg 亜硝酸アミル
アパティアテープ アンタップ
アンタップR イソコロナールR カプセル
イソニトール錠20 イソピット
イソモニット錠20mg イブステン錠5
エスタット錠5mg L-オーネスゲン錠
カリアント錠10 カリアントTPカプセル
冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL コバインター錠5mg
コンスピット錠 サワドールL 錠
サワドールテープ/S ジアセラL 錠
シグマート錠2.5mg/5mg シグマート注2mg/12mg/48mg
シグランコート錠2.5mg/5mg ジドレンテープ
シベラント錠5mg シルビノール錠5mg
硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) 硝酸イソソルビドテープ「EMEC」
ステンベルガー錠5mg スレンドミン錠
セラモンテ錠 ソプレロール錠20mg
タイシロール錠20mg ニコランジス錠2.5mg/5mg
ニコランタ錠5 ニコランマート錠
ニトソルビド注0.05%/0.1% ニトプロ注
ニトラステープ ニトルビン錠5
ニトロールRカプセル20mg ニトロール錠
ニトロールスプレー ニトロール注5mg/50mg/100mg
ニトログリセリン錠山川 ニトログリセリン注-ACC
ニトロスロー錠 ニトロダームTTS
ニトロバイド錠5mg ニトロフィックス5/10
ニトロペン錠 ニトロラム
ニプラノール点眼液 ハイパジールコーワ錠/錠3/錠6
ハイパジールコーワ点眼液 バソレーターRB2.5
バソレーター注5mg/注50mg バソレーターテープ
バソレーター軟膏 フランドル
フランドルテープS ペネティISDN テープ
ヘルツァーS ヘルピニン-Rカプセル
ホクスノールL カプセル ミオコールスプレー
ミニトロテープ ミリステープ
ミリスロール注 ミリスロールテープ
メズサビド錠5 メディトランステープ
メディトランスニトロ ラブノールR カプセル
リファタックL 錠 リファタックテープ/S
リベラステープ