めまいや頭痛などの症状

バイアグラの副作用についてまとめました。めまいや頭痛など、軽度の症状を自覚する理由を掲載しています。

バイアグラの副作用

よく聞かれる症状としては、血圧の低下によるめまいと顔のほてり、消化不良や鼻水・鼻づまりなどがあります。

これは健康な人が服用しても、バイアグラの副作用として起こりえること。バイアグラの販売元であるアメリカのファイザー社のWEBサイトでも、こうした副作用の例が報告されています。

服用する量にもよりますが、バイアグラには血管を拡張することにより、血の巡りをよくする作用があります。これにより目が光に敏感になることが多いようですね。

光がまぶしく感じたり、色が変わって見えることも。また、頭痛も同じように血管の拡張することで起こるといわれています。頭痛が激しい場合は、頭痛薬を服用しても構いませんが、なるべく薬の併用は避けたいものです。

この治療薬は、世の男性にとって夢のような効果をもたらしてくれますが、あくまでも薬です。バイアグラの副作用が強いと感じたら、服用は控えるべきでしょう。

代表的な症状

  • めまいや頭痛など、健康な人が服用したときに自覚するバイアグラの副作用頭痛
  • ほてり
  • 顔面潮紅
  • 鼻づまり
  • めまい
  • 血圧の変動
  • 動機
  • 頻脈
  • 視覚異常
  • 胃部不快 など

服用すると多くの人が、これらの身体的症状になって表れることを自覚するようです。場合によっては、身体の具合や体調によって、バイアグラの副作用がさらに深刻な事態を引き起こす場合もあります。

ナイトライフの楽しみに、いきり勃つ前に、はやる気持ちを抑えて、バイアグラの副作用をきっちりと理解しておくことが必要です。