勃起機能を喪失するなどの症状

バイアグラの副作用として深刻な症状を紹介。持続勃起症や狭心症の発作など、確認できているケースを集めました。

こわ~いバイアグラの副作用

バイアグラは元々、狭心症を治療する薬として開発された経緯があります。ですから、狭心症の治療薬である硝酸薬(ニトログリセリン)との併用は絶対にダメ!急激な血圧低下をもたらしてしまう危険性があるからです。

そして、性行為は心臓に大きな負担がかかります。医師の処方によるバイアグラを服用の場合でも、それなりに注意が必要です。

バイアグラを飲んで性行為をしてる時に、狭心症の発作が起きる場合もあります。 そんな時は、必ずパートナーに「バイアグラを服用している」ということを、緊急治療時に医師に伝えてもらうようにしてください。

先にも話しましたが狭心症の発作の治療には、一般的に硝酸薬が使われるため、もしあたながバイアグラ服用中に何らかの副作用を起こした場合、症状をひどくする薬で処置される危険性があるためです。

勃起機能を喪失!そんな危険性も

バイアグラの副作用で、勃起機能を喪失する危険性も確認されていますバイアグラの薬が効き過ぎて、いつまでたっても勃起状態がおさまらない 持続勃起症(4時間以上の痛みを伴う勃起の継続)という副作用が確認されています。

いつまでも勃起を続け、性交時間が長くなるなんて喜ばないでくださいね(笑)。

バイアグラを服用して4時間以上勃起が持続する場合は、ペニスが損傷してしまう可能性があります。直ちに泌尿器科の救急病院を受診して、しゃ血などの処置をしてもらってください。

さらに、稀にですが以下の症状が現れることもあるようです。

  • 勃起機能の喪失
  • 陰茎組織損傷
  • 一時的な視覚異常
  • 突発性難聴

これもごく少数ですが、バイアグラを内服して死亡したケースもあります。服用にあたっては、副作用がもたらす危険性についての注意が必要です。